とよだの腹
coffee break 「 JIN -仁ー  を読む 」
高知旅行記も佳境であるが JIN-仁ー がなかなかの漫画であったのでね
ちょいと一休みしたい

4-08-859174-7.jpg

無論 現在TBS系で放映中であり 芦田愛菜がマルモで急追・肉薄しようが 
視聴率ランキングのトップを爆走しているドラマの原作本であり
オイラごときの ぽっと出ファンが語るまでもない名作であるのだがな

大体「江」が つまらなさ過ぎるので「仁」の面白さが引き立つ面もあるのだが 
まぁそれは良い 
(実は仁は まだここ4~5回しか見ておらん 一昨年の第一部は見落とした まさしく「ぽっと出」である)

キュポ・ラ の中央図書館が事前調査不足でなぁ 
あれだけ愛して ここの存在のために川口に居を構えたのだが 最近相性の悪さを痛感している
人気がありすぎるのである
開館時間ともなれば どこに居たのかというくらい「学生」やら「主婦」やら「失業者」っぽいヤツらが沸いてくる
  無論 一番怪しげな存在は彼らからしたらオイラであろうことも承知しているが・・・
毎朝 新聞はここで読んでやろう・・・・無理だ 窓際には同じ思いのオヤジたちがど~んと座っておる
タバコも吸えん


・・・・相変わらず意味のない前振りが長すぎたが    で、あるからして
オイラ最近「インターネットカフェ」に縄張りを移した うん 漫画喫茶と称しても良い
ここは良い タバコも吸えるわ 飲料も飲み放題 リクライニングシートの心地よさよ

そこで昨日「仁」を見かけた 20巻ある おお 読んでみるか
思った以上に密度の濃い漫画でなぁ 昨日3時間・今日3時間 2日掛かってしまった

感想を述べる
実にきっちりとした世界を構成した優れた作品である
  SF・医学史・医療漫画・幕末歴史物・庶民文化史・恋愛物・そして哲学書
これだけの要素を取り込んで尚 散漫にならず・ぶれず 一気に読ませてくれる
村上もとか 相当な力量・人格とお見受けした

大学の先生方も監修で名を連ねておられる
史実であり医学であり 本物をきちんと押さえた壮大な「ウソ」である 
歴史に残っている人々だけでなく 歴史に残っていない人々の生活・思いをも見事に描ききっておる
日本人とは人間とは なんと素晴しい生き物であることか



  死ぬまでに 自分なりの「ウソ」を描ききってみたい
  勝手な想いだが 人生の最終目標を見せていただいた気がしている
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/53-8dac7f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム