FC2ブログ
とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水卜麻美最強説 2017 ② 「第二幕完了」
水卜麻美最強説 は 2013年の12月から書き出した

その年の「好きな女子アナ」ランキングにおいて
あろうことか水卜が 絶対王者・加藤綾子を破って1位になってしまったことによる

おそらく最大瞬間風速であったろうと思われるが とにかく それまでの女子アナの常識では考えられない
イロモノ的な存在の彼女が王位を獲ってしまったのである
大・番狂わせ であった

(ちなみに その年アイドル界においても AKB総選挙でヨゴレの指原莉乃が大島優子を破るという
大波乱が起きている)

嬉しかった
水卜麻美が圏外の頃から 「とんでもなくスゴイ奴が現れた」と ひとり興奮して
「この子が天下を取る」と公言し 全友人から 一斉に突っ込みまくられていたオイラに取って
やっと 世の中が水卜に気づいてくれた そんな思いがあったからである

ただ ここからがファン心理の面倒くさいところで
昨日今日ファンになったような奴らと一緒にされたくない という こじらせ心理が働いてしまった
この連載を始めたのは その由にある

この子の王位は決してフロックなどではない
ただしかし あくまで この年の1位は 最大瞬間風速 で あるかもしれない
ブーム ってヤツだ
例えて言えば 一発屋芸人が 流行語大賞を取ったようなものだ
いや なでしこ が頑張れば女子サッカーの観客が増えたり カープが優勝すればカープ女子が発生したり
ラクビーが盛り上がれば 「昔っからラグビーファンだった」とかルールも知らん奴が言ったりする
そんな匂いがした

でも それは違う
この子は覇道を歩んでいるように見えるかも知らんが 実は王道のど真ん中を歩いている
今まで女子アナの王道と思われていた フジテレビのアイドルアナ路線 あるいは大学のミスコン優勝路線
それはそれで 一つの道ではあろうが 王道ではない

王道とは 太陽の道である
太陽が上るだけで 風景が広がり 色彩が増し 温まり 光合成など生産活動が活性化し
そして人々は笑顔になる
確かにLED照明は明るいし 街角のイルミネーションはキラキラして綺麗だが
太陽はLED照明とは根本的に「違う」のである

水卜麻美が登場した時 オイラはこの子に「太陽」を見たのであるよ


第一幕は「水卜麻美最強説」「続・水卜麻美最強説」にて綴ってきた

水卜が入社する前年の女子アナの自殺 巨大戦艦・日テレの沈没危機から始まり
ドタバタしながらも 名伯楽である 師匠・有吉に育てられ 好きな女子アナトップになり
そして 読売グループのエースの称号たる「24時間テレビのMC」の大役を果たし終えるまで
いや 有吉から労いの言葉を掛けられ つい 苦手と公言していた有吉に「大好きっ!」と叫んでしまうまでを綴ってきた

この時 水卜麻美最強伝説の第一幕が大団円を迎えた と記している
2014年 秋の頃である


第二幕は 今回まで
最大瞬間風速ではなく 完全制覇
老若男女・全世代での圧勝で 好きな女子アナ5連覇 殿堂入りである
これで 水卜はもう「好きな女子アナ」などという呪縛にとらわれなくて良くなった
そう 来年から水卜は次のステージ(第三幕)に 進むことができる

巷では フリー転向が囁かれている
宮根が狙っている とか 面白おかしく3流ゴシップ誌が伝えている
「ヒルナンデス」から「スッキリ」への異動は 日テレの引き止め策である とかも

確かに 高島彩に続く殿堂入りは 一つの頂点に登りつめた感がある
最近話題になった 将棋の羽生善治の永世7冠のように 「永世」タイトルを手にしたわけだからなぁ

高島彩は 結婚・退社 して ゆっくりと仕事をしている
出演番組は大幅に減ったものの いまだ各局の 特番ではMCに招聘される
「永世」の称号は かくも偉大なのである
技量の確かさも衰えてはいない
なにより視聴者は彼女がそこに(MCに)いることに何の違和感も感じない
彼女は「結婚」という 次なる舞台を選びつつも 番組を選べる というシード権をも手に入れたのだ

では 水卜麻美は どこに進んでいけば良いのか

結婚も良いだろうし 億単位のカネを積まれてのフリー転向も良かろう

ただ(前回予告したように)ここで 一つの興味深いランキングが発表された
そう「新社会人が選ぶ 理想の上司」である

今年の男性1位は 内村光良 であった
過去は 松岡修造であったり 池上彰であったり イチローであったり と 年々で変動があるのだが
女性部門はこの7年間 圧倒的な強さで 天海祐希 が連覇している
そして今年
圏外から 突然 水卜麻美が飛び込み 絶対王者・天海祐希 を破って 王位に就いてしまったのである

今年の女性部門ランキング (カッコ内は前年順位)

1位:水卜麻美 (圏外)
2位:天海祐希 (1位)
3位:吉田沙保里 (13位)
4位:石田ゆり子 (圏外)
5位:有働由美子 (4位)
6位:澤 穂希 (3位)
7位:ローラ (圏外)
8位:いとうあさこ (10位)
9位:真矢みき (7位)
10位:大江麻理子 (圏外)


オイラが この連載を始めた理由を 再記 しておく
「ひとりの丸い女の子が ニコニコ笑ったことにより 日テレを変え TVの世界を変え
そして世の中を変えていくのかもしれない その過程を 今 見ているような気がしてならないのである」

そう リアルタイムで起こっている「過程」を このブログでは書き留めておきたいと思ったのである

水卜麻美は 「女子アナ」を変えた
今年のランキングからは いわゆる アイドルアナ が 消えていった 実力派重視になった
大学のミスコンは 女子アナへの登龍門 から 思い出作り に変わっていったと聞く

女子アナでの成功は 何へのステップか
プロスポーツの有名選手のゲット(結婚)に 繋げた子もいよう
フリーランスへの転向で 収入を激変させた輩もいよう

人気・オトコ・カネ
今の水卜なら 選び放題である
結婚も良かろう 局アナからフリーになれば面倒くさいジャニーズもくぐり抜けられるかも知らん
宮根のバックには バーニングの周防がおるらしいしな
加えて移籍金は 数千万にはなろう
年収1億円越えは 数年は続くだろう その後は分からんが…

ただ カネ・オトコ この子は それだけを望んでいるのだろうか 満足するのだろうか


場末の 1ファン として 提案する

日テレに残った方がいい
そして 史上最年少「アナウンス部長」を 得よ
オリコンランキングから 若手が消えたのは 育っていないからだ
若手を育て上げられよ

有働由美子はNHKの理事待遇と聞く
ひょっとすれば NHK会長も狙えるかもしれない

水卜麻美よ 日テレの最年少部長から 史上初の女性社長を狙え
妄言・戯れ言とは思わない
「理想の上司」のトップ になったということは 下の年代の子たちはキミを支持してるってことだ
人望がなければトップにはなれない
組織はトップの器の大きさまでしか大きくなれない という格言がある
東芝や神戸製鋼がおかしくなったのは その時代のトップに「器」が なかったからだ

「好きな女子アナ」「理想の上司」のトップに立ったのは 日本中がキミに「器」を見たからである

日テレの社長になれたら ナベツネを襲って 読売グループを獲れ
NHKを除くと 民間では日本最大であろうマスメディア集団を キミの思いで育て上げられよ


「日テレを変え TVの世界を変え そして世の中を変えていくのかもしれない」

その過程を 見せ続けて行っていただきたい

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/530-026f827a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。