とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かみこやを後にする」   高知への旅 22
6月も もう終わる
月初(1日~7日)の高知旅行記もいいかげん早く完結させないとな
・・・と、言うことで 今夜は完結まで寝ない覚悟である



夕食後アウテンボーガルト氏に連れられてギャラリーを見せてもらった
和紙は文化だな そしてまた新たな息吹を吹き込まれていらっしゃる

しかしなぁ 紙を作った人って天才だな 
よくぞ こんなもの発見したものだ
紙の出現によって 容易に先達の知識や行動が記録されるようになった
「伝言ゲーム」ではなく「記録」することで より正確に文化が形成されていったんだろうなぁ

屋内禁煙 という非常につらい宿泊場であったが  (いや 外にはちゃんと喫煙スペースあった)
よく考えるまでもなく「紙」が随所にある宿なんでね
文化物が一発で燃えてしまうんでね そりゃ禁煙でしょう 納得しております


やまだは早起きである
自宅に泊まってる時にはオイラが寝ている間に朝のランニングに行っておったしな
宿でも朝の散歩に行って梼原の朝を愛でていたらしい 

これだ
梼原の朝2
イモリまで愛でておった
イモリ2
今回の旅行記でもかなり 撮影:やまだ の写真を用いさせていただいたことを
この場を借りて御礼しておく


朝飯を食って出発仕度をする
女将(奥さん)に 和紙を売って欲しいとお願いする
IMG_0187_convert_20110630235232.jpg
「くちゃくちゃにした方が味が出ますよ」
「そうですか」
IMG_0188_convert_20110630235455.jpg

民宿はご夫妻と男の子(息子さんか?)女の子(お弟子さんらしい)の4人で切り盛りされている
「女の子のほうが 人生の決断って思い切りがいいんですねぇ」(奥さん)
今 住み込みのお弟子さんは彼女だけらしい
「いいですよね 若い方々が伝承していってくれるって 素晴しいことだと思いますよ
 彼女に頑張って ってお伝えくださいね」
女の子は熊本の出身だと昨日の夕飯時に話していた 
同郷のその子が立派な和紙の伝承者に育ってくれたらいいな  そんな思いで話をした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/62-0e61aba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。