とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにが “節電15%” だ
節電15%義務化 ?

そりゃ いくら言ってもらってもいいんだが・・・
それだけの腹くくっとるのかな



今から東電に対して暴論を吐く

  現在のオイラはプータローである どこの組織にも所属しておらん
  で、あるから 東電幹部の諸君 残念だが 組織を通じての圧力は無意味である
  まぁ こんな小物に圧力もなにもないが 

東電幹部は自分らの立場をちゃんと腹に落としているのだろうか
国を身体に例えれば 電気は血液であり心臓である
首都圏を押さえている彼らは産業界のみならず我々国民生活の生殺与奪の権力を持った「王様」なのである
なんで 一民間企業です なんていうウソをつき続けるのか
民間企業をなめてもらっては困る
テメェらの一番大切な商品(電力)を「買わんでくれ」なんていう発言を民間企業は絶対にしない

原発が必要なら堂々と宣言すれば良い
木川田一隆や平岩外四なら正面から国に国民に話をしただろう
王様が一番カネを稼いで何が悪い 政治家・官僚・大企業・学界・マスコミにカネをばらまいて何が悪い
原発があるからカネが儲かり「核」の技術が進んだ 「核」の技術があるから他国への抑止力になった
電力をバンバン配りまくったので産業が発展した 今の日本の繁栄は血液たる電力が支えたものだ
日本が生きるか潰れるかは俺達次第なんだ 愚民は文句を言うな・・・  くらい言えば良い

何故言わん

原発はもうダメだな あれだけ福島の方々や全ての日本人 海に捨てて海外に迷惑かけたら 誰も納得せん
すぐ収束できなかった段階で王様のいくさは終わった 無論 大敗戦である
何故腹を切らん 負けて責任を取らん王様の声など誰にも届かない

3月の計画停電も姑息な手段だったしな
原発なければ大変ですよ・・・の単なる意識操作に過ぎないのが見え透いていた
まぁおかげで首都圏の人々も痛みの一端を共有できたし 日本人の絆が確認できた
王様が国民の同胞感を醸成させようとしたのなら それもいいと思っておった


ただな
今回の節電15%義務化は おかしいぞ
テメェらの責任を誤魔化してるだけだろが 何より電力が足りなくなるなんて有り得ん 騙すなよ

王様でい続ける最後の条件は 腹を括って責任を取るってことだ
菅や松下政経塾出身の連中や自民党の連中が責任逃ればっかりしているので真似たんだろうが
潔くないなぁ  男の風上にもおけぬヤツらばっかりだなぁ
あの株主総会のニュース見ながらそう思った
本物の大悪党ならあそこで腹を切って見せんとなぁ・・・ チンピラだなぁ

なにが「義務化」だ
守らん企業には罰則だと・・・ 盗人猛々しい
  義務化などしなくても ひたすら「お願い」したら 日本人はやってくれるのにな
  国民を信じんで自己保身にばかり走るエリートたちの考えそうなことだがな



  よってオイラ 節電15% を 断固として拒否する

お年寄りやデブにとって熱暑が死活問題であることを分かっとるんだろうか
(いや若い方々にも熱中症の危機は大きい)
室内温度を28℃に設定せよ? 論外である

  とよだ家では 絶対にクーラーの設定温度を24℃より上げたりは せぬ 

以上宣言する!





   
 ・・・まぁな みんな頑張ってらっしゃるし 迷惑掛けてもならんしな
    クーラーの1℃が10%に相当するとか言ってたしな
    その手合いで行くと 去年まで20℃にしてたので4℃アップ 40%も貢献してるしな
    いまだに冷蔵庫のコンセントは繋がっておらん  ・・・どうだ
    
    街中が28℃になっちまったら死人が出るぞ

    
スポンサーサイト

コメント
おつかれさまでした。
早いものですね。もう1ヶ月経ちましたよ。
滞在中は連れまわし、食べまわしおつかれさまでした。
高知への旅も、大作が無事完結し、何よりです。
このブログを読んで高知に行ってみたい人が1人でも
増えてくれればとよださんの労とや~まだの労も報われます。
や~まだはその後、観光特使として提言を発しようとあれこれ
知恵を絞って汗をかいているところです。
まとまったところで見てもらおうかなと思うところもあるので
その時にはよろしくお願いします。
そろそろ梅雨が明けてうだる夏が到来しますが、負けずに
夏を乗り越えて!
気仙沼港のカツオの水揚げも復活してようやくカツオ漁にも
活気が戻ってきました。
秋には戻りカツオも堪能できそうです。秋の食材も中々です。
時間が取れればまた高知にどうですか。
高知で待ちゆうき!
それでは。
[2011/07/06 00:04] URL | や~まだです。 #- [ 編集 ]

や~まだ どの
コメントありがとう
また 改めて 「大変お世話になりました」

お詫びがあります
高知旅行編 実はまったく起承転結とかオチとか考えずに
無作為に指の動くまま つらつらと書き進めてしまった反省があります

特使殿に招待してもらったんなら もちっと考えて
「物語」としてストーリーを(筋を考えて)展開すべきでした
もしくはエッセイとして一話一話オチまでついて読み応えのあるものにすべきでした

まぁ久しぶりに文章を書いたのでご容赦ください
そのうち勘を取り戻すと思います

それより特使殿の提言 楽しみですね
貴兄の一生懸命高知を考えている姿 十分伝わってきましたからね
是非 読ませてください
[2011/07/06 01:52] URL | とよだ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/64-e3bac82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。