とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏眠
「夏眠」と書いて「かみん」とでも読んでいただこうか

いや「仮眠」の誤植ではない 「春眠」とも若干意味が違う      ・・・そう 「冬眠」の類義語である

霊長類ヒト科デブ属のオイラが この暑さに圧倒的に完敗していることは以前書いた
<歩く熱中症患者>であるオイラは 「夏場は積極的に活動してはならん」という神のお告げに従い
ここしばらく「夏眠」している次第である
「飲みに行こうよ」「遊びにおいでよ」といった 有難いお誘いをくださっている方に不義理をしておる
誠に申し訳ないが クマやカメのごとく「夏眠」しているのである 許していただきたい
  (いや クマやカメやヘビやカエルは「冬眠」であるよ 分かっているだろうが   為念)



しかしながら 夏眠中ではあるが ご挨拶に伺わねばならない場所があってな
この猛暑日大爆発の日本 その中でも特に東京の熱波が増幅して送り込まれている場所 “熊谷”
あなた方の責任ではないのに地理的に勝手に熱波を送り込まれ しかも いさぎよく
「他県には この熱波を流してはならぬ」と 1都3県の責任を一身に背負って踏ん張っていらっしゃる
ご挨拶し感謝を申し上げるのが筋であろう



IMG_0196_convert_20110810193517.jpg

いやぁ さすがに暑いな
百葉箱の中(公式気温)が何度かは知らんが オイラの車の「外気温」は 43.1℃ を示しておる
車を降りる ジリジリする夏の日差しが 高校のときの陸上ホッケー部の夏季合宿のグランドを思い出す
炎天下の熊谷は もはや暑いではない 熱い!
駅に入る 「節電」だそうで 蒸し暑い
駅ビルの店舗に入る ほぉ~っ 何とか涼む
駅ビルの店舗を出る くわぁ~っ 暑い 暑いぞ!!!
なんでこんな暑いのに駅は「節電」しとるのだ

 そうこう言ってたら 東電は東北電力に170万kw 融通するんだと
 いや 節電熱暑で朦朧とはしてたがな  素直に「よくやった」と誉めてやりたい
 関東にも東北にも友達は多い 関東も東北もない 
(特に東電管内の我々は「福島」から電力貰ってたんだしな)

 何より 誰が聞いたって「東電の電力不足はウソでした」ってやり方だもんなぁ いさぎよい

  (いや これもまた「原発なければ大変ですよ」戦略だって言う人もいるかも知らんけど
  本当にそうなら ヒトの心を失った東電だもの 東北を一斉停電にしただろう 死人が出たろうな 
  反原発の世論も 皆 震え上がってトーンダウンしたかもしらん
  東電は「そこまで悪党になりきれん」と自覚したんだろうな  潔いと思う
  チンピラはチンピラなりに筋を通したと思うよ)



話は変わるが 京都の大文字焼きで陸前高田の薪は使わん てなニュースがあった 放射能が怖いんだって

ふたつ思った

・さすが 日本一「腹の中では何を考えとるんか分からん」京都府だ AB型の比率が多そうだな
 てめぇらの本音を凄いタイミングで出してきやがる
 (松本前復興大臣ではないが 京都とAB型を一気に敵に回す発言であった 陳謝する)

 陳謝するが消さずにいるのは ふたつめの思いの方が書きたいことだから

・ただなぁ こんなニュースが流れたら「日本一誇り高い」京都府民が収まらんだろう
 そう思っていたら翌日に撤回して陸前高田の松を五山の送り火に使いますとのこと
 ものすごい抗議の声が京都府民から殺到したそうだ



さすがである
さすが 誇り高き京都府民 

あなた方の「日本の大人」としての気高さ・矜持を見せていただきました 



  何故このふたつの事例を並べたかって?
  似てるだろ
  間違ったって分かったら 誤魔化したり逃げたりせずに 何とかしようってしてるじゃないか
   (まぁ 東電はお約束で言い訳してたが・・・)


日本人は絶対捨てたもんじゃない
暑い夏の熱い想い いいなぁ  いいお話 ありがとうございます

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/89-c43ef463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。